Wine

ワイン旅行の持ち物【これがあれば海外の現地でワインを楽しめる】

2020年3月15日

ワイン旅行 持ち物

ワイン旅行に
持っていくものが
分からない人

今度、友達と海外にワイン旅行に行くんだけど、なにを持っていったら良いんだろう?

私は、フランスのシャトーやワイナリー見学に

何回か行ったことがありますが、

その時に持っていってよかったor持っていけばよかったというものがありました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ワイン旅行に
持っていくといい物

その①:ソムリエナイフ

ワインオープナーを貸してくれるホテルもありますが、

ないところもあるので持っていくか、

現地で購入しましょう。

ワインオープナーはかさばらず、

ナイフがついてた方が何かと使えるので、

一番のおすすめは「ソムリエナイフ」です。

 

その②:ワイングラス

部屋にコップがあっても

ワイングラスがあるところは少ないです。

ワインショップやスーパーで購入したワインを

部屋で飲みたいと思ったときに

ワイングラスがないのは

おいしさが半減します。

私は、海外にワイン旅行に行くときは、

プラスチックの折りたたみができる

ワイングラスを持っていってます。

プラスチックなら割れる心配がありませんし、

グラスで一番折れやすい持ち手の部分が外れるので、

飛行機の衝撃にも耐えることができます。

 

その③:海外Wi-Fiレンタル

日本でのワインの値段や

意味が分からない単語があれば

すぐにグーグルで検索できるので便利です。

海外でもフリーWi-Fiはありますが、

セキュリーの問題があるので、

海外用のWi-Fiをレンタルするのはかなりおすすめです。

海外Wi-Fiレンタルだと有名なところで

グローバルWiFi」と「イモトのWiFi」がありますが、

早めに申し込むなら早割が充実している「イモトのWiFi」、

直前なら24時間365日サポートのある「グローバルWiFi」が

おすすめです。

また、旅行先の国によって値段が違ったり、

安くなっている時期もあるので

見比べてどちらにするか検討した方がいいです。

 

 >>「グローバルWiFi」を見てみる

 >>「イモトのWiFi」を見てみる

 

 

その④:クレジットカード

海外旅行では必須といわれている

クレジットカードは必ず持っていきましょう。

海外旅行保険がついているクレジットカードを持っていけば

ワインを飲みすぎて体調を崩してしまったときも

海外の病院でかかった治療費を

カード会社が負担してくれます。

エポスカード」と「楽天カード」は

年会費無料で海外旅行保険があるので

私はいつもこの2つを持っていってます。

ただ、海外旅行保険の適用には条件があるので、

(交通費をカードで支払うなど)

よく読んでから使いましょう。

「エポスカード」では「VISA」を選び、

「楽天カード」で交通費を支払えば

両方の海外旅行保険を合算することができます。

※2020年3月時点の情報です。
 詳しくはそれぞれのHPをご覧ください。

 

 >>「エポスカード」を見てみる 

 >>「楽天カード」を見てみる

 

ワイン旅行に
持っていかなくてもいい物

 

逆に必要なかったなと思った物もあったので、あわせて紹介します。

 

その①:ワインの本

本は、基本的に荷物になるので持って行かない方がいいです。

ポケットWi-Fiがあれば、すぐにネットで調べることができますし、

持っていきたい本も、必要なところだけ写メをすれば、

現地でも見ることができます。

現地で捨てて帰ってくる本なら良いですが、

本って意外と重たいです。

本を入れるスペースがあるなら、

お土産をなるべく多く買う方がいいでしょう。

 

その②:プチプチ

ワインをスーツケースに入れる際に使用していましたが、

ワインに服を巻きつけることで

割れずに持ち帰ることができました。

 

ワイン旅行
持ち物まとめ

ワイン旅行 持ち物

私がワイン旅行に持っていく持ち物をまとめてみました。

帰りにおみやげを持ち帰ることを考えて、

行きはなるべく荷物を少なくしましょう。

 

おすすめ記事
お酒を飲みながら観たい
映画&ドラマ

みてみる

おすすめ記事

ワインで使う英語

みてみる

\ シェアしてね! /

-Wine
-

Copyright© Maison Ariy , 2020 All Rights Reserved.