お酒の資格

ワインエキスパート受験でかかる費用【実際に私が使ったお金】

ワインエキスパート にかかる費用

ワインエキスパート受験で
かかる費用が知りたい人

今年ワインエキスパートを受験しようと思ってるんだけど、どれくらいの費用がかかるの?

私は、2014年にワインエキスパートを受験して

一発合格することができました。

当時、「ソムリエ試験で100万円使った」ということもきいていたので

お金がかかることは覚悟していたのですが、

ワインスクールに通わず合格することができたので、

実際にかかった費用は、50万円以下でおさえることができました。

ワインエキスパート受験にかかる費用をまとめてみましたので

是非参考にしてみてください。

 

ワインエキスパート試験の費用

スクールと独学で共通にかかる費用

 

  • 受験料
  • 認定料
  • 交通費

 

順番に解説していきます。

 

ワインエキスパート受験料

ワインエキスパート 受験料

日本ソムリエ協会HP より

日本ソムリエ協会の正会員であるか、ないかで費用が変わってきます。

正会員になったからといって、問題が簡単になったり、

合格基準が下がったりするわけではないので

どちらでも大丈夫です。

ちなみに、私はワインエキスパートを受験した年から

ずっと日本ソムリエ協会の正会員です。

日本ソムリエ協会のメリットは

ソムリエ協会の入会メリット!お得な入会時期|入会してよかった4つのこと【体験談】

で紹介しています。

ソムリエ協会に入会するメリット
ソムリエ協会の入会メリット!お得な入会時期|入会してよかった4つのこと【体験談】

ワインが好きだけど、日本ソムリエ協会の正会員になるべき? 私は約6年ほど日本ソムリエ協会の正会員ですが、入会して正解でした! 入会するとたくさんのメリットがあります!   もくじ日本ソムリエ ...

続きを見る

 

ワインエキスパート認定料

これは見落としがちなのですが、

合格したら認定料がかかります。

認定料は約2万円です。

認定登録の申請をしないと、

認定証や認定バッジがもらえないので、

必ずかかる費用になります。

 

交通費

ワインエキスパート 会場

日本ソムリエ協会HPより

ワインエキスパートの試験は、

一次試験と二次試験があります。

一次試験は全国47都道府県で実施されており、

CBT方式なので、会場も多いため

自宅から近い会場を選ぶこともできますが、

問題は二次試験です。

二次試験は全国で実施されていないので、

交通費の他に宿泊費がかかる可能性もあります。

 

ワインスクールでかかる費用

  • 登録料
  • 受講料
  • 2次試験対策用ワイン

 

登録料

ワインスクールを受講するにあたって

登録料が必要なところが多いです。

早割などで登録料が無料になることもあるので

ワインスクールに通う予定のある方は

早めに申し込みましょう。

 

受講料

ワインスクールごとで受講料は違いますが、

だいたい10〜15万円程度です。

また、ワインスクールによっては、

「教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」

となっている講座もあり、

お金が一部返ってくる事もあります。

ちなみにですが、

ワインスクールで有名な『アカデミーデュヴァン』の

ワインエキスパート対策講座は

「教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」となっており

登録料が5,000円(税別)、

受講料が128,000円(税別)です。
※2020年3月時点。

無料体験会もしているので気になる方は

体験してみるのをオススメします。

 

アカデミーデュヴァン無料体験
アカデミーデュヴァンの無料体験に行った感想【1人参加でも大丈夫?】

アカデミーデュヴァンの 無料体験会が気になる人 ワインスクールで有名なアカデミーデュヴァンの無料体験会が気になるんだけど、どんな事をするの? 一人で参加しても恥ずかしくない?   先日、アカ ...

続きを見る

 

二次試験対策用ワイン

1次試験の前に終了してしまう講座が多いので

2次試験の直前までテイスティングの練習をする必要があります。

ただ、スクールである程度テイスティングの指導を受けていたら

そんなにたくさんワインをそろえる

必要はないのではないかなと思います。

また、二次試験対策講座も

実施しているワインスクールもあります。

 

独学でかかる費用

  • テキスト、問題集、テイスティング用参考書
  • 2次試験対策用ワイン

 

テキスト、問題集、テイスティング用参考書

ソムリエ教本は分厚いことで有名です。

これを1から読んでいこうとすると骨が折れるので、

まずは試験に出やすいところをまとめた

ソムリエ・ワインエキスパート試験対策用のテキストを

購入することをオススメします。

また、過去問とあわせて勉強すると良いですが

1次試験がCBT方式になり

ランダムに問題が出ることから

問題集もあわせて購入すると

どのように出題されるか分かりやすいです。

そして、二次試験対策用に

テイスティングに役立つ参考書があると

品種の特徴がつかみやすくオススメです。

私は、独学で受験したときには

テキスト、問題集、テイスティング用の参考書

全てそろえました

だいたい1万円程度です。

 

2次試験対策用ワイン

これがワインエキスパート試験で

一番お金のかかるところです。

私は受験した際に

『3,000円前後で品種の特徴がわかるワインを』

とアドバイスをもらいました。

とりあえずネットで販売している

ソムリエ・ワインエキスパート対策ワインセットを購入し

過去問を調べて、足りないワインを買い足しました。

最近では、スーパーでも品種の特徴が分かりやすいワインが

安く販売されています。

また、ワイン以外のお酒はそろえるのが大変です。

二次試験前になるとハードリカーの試飲を有料で行っている

お店やスクールがあるので、

そちらに参加してみるのをオススメします。

 

ワインエキスパート受験で
かかる費用まとめ

ワインエキスパート 費用まとめ

私が受験した時は、受験料や認定料が今よりも安かったため

40〜50万円程度の費用で大丈夫でした。

やはり独学で勉強した方が、費用はかかりません。

しかし、スクールに通えば分からないところを質問できたり、

様々なワインを少しずつテイスティングすることができます。

独学で合格できるか不安な方は、

スクールでかかる費用がとても高いわけではないので

検討してみるのをオススメします。

\ シェアしてね! /

-お酒の資格

Copyright© Maison Ariy , 2020 All Rights Reserved.