Restaurant

【レストラン接客英会話】お客様を迎える時のフレーズ

2020年2月19日

接客英会話 お客様を迎える

 

今回は、レストランでお客様を席までご案内するまでの英会話を覚えましょう。
また音声を再生して、伝わらないカタカナ英語ではなく、伝わる英語を身に付けましょう。

 

 

お客様を迎える接客英会話

 

Dialogue

Good evening. A table for how many people, madam?
こんばんは。何名様でしょうか?
We're three.

3人です。
Would you like a smoking or non-smoking table?

喫煙席か禁煙席、どちらがよろしいですか?
A non-smoking table,  please.

禁煙席でお願いします。
May I take your coat?

コートをお預かりしましょうか?
Yes, please.

お願いします。
Okay. I will show you to your table.
This way, please.

かしこまりました。お席にご案内いたします。
こちらへどうぞ。
Thank you.

ありがとう。
Is this table okay?

こちらの席でよろしいでしょうか?
Okay.

大丈夫です。

 

 

使えるフレーズ

How many are you?

何名様ですか?

カジュアルに「How many?」だけでも大丈夫です。

A table for 2?

2名様ですか?

Do you have a reservation?

ご予約されていらっしゃいますか?

May I have your name?

お名前をちょうだいできますか?

May I +動詞の原型」は、とてもかしこまった表現なので、高級レストラン向きです。
      「Can I+動詞の原型」も丁寧な表現になるので、カジュアルなレストランでは「Can I 〜」を使う方がいいです。

Let me check.

確認いたします。

「Let me +動詞の原型」で「私に〜させてください」の意味です。
  例:Let me know if you need anything.   何かございましたら、お知らせください。

Mr.Brown, we've been excepting you.

ブラウン様、お待ちしておりました。

I'm afraid we're fully booked today.

申し訳ございませんが、本日はご予約のお客様で満席でございます。

「I'm afraid 〜」を使うと「申し訳ございませんが…」「恐れ入りますが…」とクッションになるので、お店側の都合でお客様に迷惑をかけるときは、まず「I'm afraid〜」からはじめましょう。

Follow me, please.

こちらへどうぞ。

Please watch your step.

足元にお気をつけください。

 

 

You can sit wherever you like.

お好きな席にお座りください。

「wherever(where+ever)」は「どこでも」という意味があり、「wherever you like」で「あなたの好きなところはどこでも」という意味にとなります。「whatever(what+ever) you like」なら、「あなたの好きなものはなんでも」、「whichever(which+ever) you like」なら「あなたの好きな方をどちらでも」となります。

Which table would you like?

どちらの席がよろしいですか?

「would like〜」は「〜がほしい」という意味で、「want」より丁寧な表現です。

I'm afraid this restaurant is smoke-free.

申し訳ございませんが、全席禁煙でございます。

Would you like to sit at the counter or a table?

カウンター席とテーブル席のどちらがよろしいですか?

「would like to+動詞の原型」は「〜がしたいのですが」という意味で、「want to+動詞の原型」よりも丁寧な表現となります。

Would you like a table or a private room?

テーブル席か個室のどちらがよろしいですか?

Do you mind sitting at the counter?

カウンター席でもよろしいですか?

「Do you mind+動詞のing形」は「〜するのが嫌ではありませんか?」と聞くことによって、「〜してほしい」という気持ちを伝える、遠回しな表現となります。
        例:Do you mind sharing a table?  相席でもよろしいですか?

Would you like a high-chair for your child?

お子様用の椅子はいかがされますか?

 

 

役立つ単語

entrance 入り口

fancy restaurant 高級レストラン

casual restaurant 
カジュアルなレストラン

terrace 
テラス席

private room with tatami 
畳の個室

waiter 
定員(女性ならwaitress

customer 
お客様

 

まとめ

日本への海外からの旅行客は年々増えております。

どうやって伝えたらいいのだろう…?と、悩んだことはありませんか?

気持ち良くお食事していただけるように、一緒に頑張りましょう!

 

おすすめ記事
音楽を聴く人
無料で1冊英語本をゲットしよう【Amazonオーディオブック】

いろいろなオーディオブックがあるけど、Amazonのオーディオブック「Audible」って実際どうなの?   私は、昨年からアマゾンプライムの会員ですが、最近Amazonが提供しているオーデ ...

続きを見る

\ シェアしてね! /

-Restaurant

Copyright© Maison Ariy , 2020 All Rights Reserved.