ワイン概論

ブドウ栽培【ワイン概論】Part1|ブドウの断面、原産種、栽培条件

ブドウの栽培

重要度:

学習のポイント

  • ワイン用ブドウの原産種の名称
  • ブドウの栽培条件

ブドウの栽培 Part1

ブドウの断面

ブドウの断面図

①:梗(こう)

[Pédicelleペディセル]
ブドウの果実と樹をつなぐところです
タンニン、苦味成分

②:果肉、果汁

[PulpeピュルプJusジュ]
水分、糖分(ブドウ糖)、有機酸(酒石酸、リンゴ酸、クエン酸)

③:果皮

[Pelliculeペリキュル]
フェノール類(タンニンと色素)、フラボン(フラボノイドの一種で白色〜黄色の色素)、アントシアニン(フラボノイドの一種で赤色、紫色の色素)

④:蝋質(ろうしつ)

[Pruineプリュイーヌ]
ここに自然の酵母が付着しています
また、果実からの水分蒸発を防ぐ役割もあります

⑤:種子

[Pépinぺパン]
タンニン、苦味成分(カテキン類、ケルセチン、プロシアニジン)

ワイン用ブドウの原産種

ブドウ科の分類

ブドウは、ブドウ科[Vitaceae(ラテン語)]のブドウ属[Vitisヴィティス]にに属する、冬季落葉性のつる性植物です。

Vitis vinifera(ヴィティス・ヴェニフェラ)

ヨーロッパ系ブドウ

中央アジアが原産地で、ヨーロッパ諸国、中国に広がりました。

ワインの醸造に適していますフィロキセラ(害虫)耐性をほどんど持ちません

乾燥した気候に対応していて、雨が多い気候には弱いです。

1,000品種以上あるとも言われていて、世界で栽培されているのは数百品種、ワイン原料用としての主要品種は約100品種です。

Vitis labrusca(ヴィティス・ラブルスカ)

アメリカ系ブドウ

北米東北部とカナダ東南部が原産地です。

大病性が強く、湿った気候や寒い気候に適応しています。

ワイン用でも使用されますが、ほどんどが生食やジュース用です。

Foxy flavorフォキシー・フレーヴァーとよばれる独特な香りがあります。

Vitis amurensis(ヴィティス・アムレンシス)

東アジア種群

ロシアが原産で、日本だと北海道に自生しています。

Vitas coignetiae(ヴィティス・コアニティー)

東アジアが原産で、日本(主に東北)で自生しています。

山ブドウ」の学名になります。

メモ

交配…同じ種を掛け合わせること

交雑…異なる種を掛け合わせること

例:ヴィニフェラ種×ラブルスカ種→デラウェア、マスカット・ベリーA

栽培条件

気温

年平均気温10〜20 ℃
(ワイン用のブドウ栽培では10〜16℃)

[必要な条件]
年平均9℃以上、開花期15〜25℃、成熟期20〜25℃。
成熟期は、1日の温度差がある方が良く、1年のうちでは暑い季節と寒い季節が訪れる気温のサイクルが望ましいいです

栽培地域

北緯30〜50度、南緯30〜50度

この帯状のことをワインベルトと呼びます。

世界地図 ワインベルト

日照時間

生育期間中に最低1,000〜1,500時間
(生育期間は4/1〜10/31)

植物は太陽の光エネルギーを利用して、大気中の二酸化炭素と水から糖分を光合成し、これらをエネルギー源として各種の有機化合物を生体内で合成します。
そのため、最低限の日照時間が必要となります。

降水量

年間500〜900mm

ブドウ樹の生育には水分は必須です。
しかし、ブドウが色付き始めてからも多くの水分がある場合は、樹の成長が止まらず、生殖成長への移行がうまく行われなくなります。
その結果、栄養分がブドウ樹体の成長にとられてしまうため、ブドウ果実に十分な栄養が行き渡りません。

生育期前期には十分な降雨が望ましいですが、開花期、結実期、収穫期の過度の降雨はブドウ果実の成熟に望ましくない影響を与えます。

土壌

水はけの良い痩せた土地(痩せた砂利、礫質れきしつ土壌)

CEC(陽イオン交換容量)

土壌の各種ミネラルや栄養分を保持する能力を表す指数のことです。
植物の栽培には、窒素、リン、カリウムなどのミネラル成分や各種微量要素が必要です。
CECは簡単に計測でき、土壌の保肥力ほひりょくを把握することができます。

復習問題




「種子の間はブドウの実の中で最も酸が多いところである」

① 正  ②誤

正解:①


 




ワイン醸造に適した、ヨーロッパ系の品種は次のどれ?

①ヴィティス・コワニティ
②ヴィティス・ヴィニフェラ
③ヴィティス・アムレンシス
④ヴィティス・ラブルスカ

正解②




フォキシー・フレヴァーという独特な香りがあるのは次のうちどれ?

①ヴィティス・コワニティ
②ヴィティス・ヴィニフェラ
③ヴィティス・アムレンシス
④ヴィティス・ラブルスカ

正解:④





「ブドウの栽培地域は、北緯(a)〜(b)度の間と南緯(a)〜(b)度の間が望ましい」

正しい答えの組み合わせは次のうちどれ?

①a.30 b.50
②a.20 b.50
③a.20 b.60
④a.30 b.60

正解:①





ワイン用のブドウの栽培において、望ましい年間平均気温は次のうちどれ?

①8〜20度
②10〜20度
③8〜16度
④10〜16度

正解:④





ブドウの栽培において、生育期間に最低限必要な日照時間は次のうちどれ?

①100〜150時間
②1,000〜1,500時間
③10,000〜15,000時間

正解:②





ブドウの栽培において、望ましい年間降水量は次のうちどれ?

①300〜700mm
②400〜800mm
③500〜900mm
④600〜1,000mm

正解:③


 

\ シェアしてね! /

-ワイン概論

Copyright© Maison Ariy , 2020 All Rights Reserved.